炭火が柔らかく、燃える温かさは人の心を安らかせ、憩いを与える。

近年火鉢が見直されているのも、この風情が求められているからでしょう。

枕草子の一節 「火など急ぎおこして 炭もて渡るも いとつきづきし 昼になりて ゆるくゆるびもてゆけば 炭櫃 火桶の火も 白き灰がちになりぬるはわろし」

火鉢は古くから日本人に親しまれてきました。

店に置いてある火鉢、今年は使おうかと。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください